プラスチック 鉢 ペイント やり方

プラスチック 鉢 ペイント 素焼き鉢 リメイク DIY 100均 アクリル絵の具|作り方 ハンドメイド ガーデニング雑貨

 
スポンジや筆で塗るだけ簡単リメイク。失敗しても大丈夫。塗り直しやヤスリでアレンジできます。
鉢 ペイント
↑100均のプラ鉢にペイントしたもの。ヤスリ仕上げなし。
 プラスチックが絵の具をはじくので、なかなか色がのらずに5回くらい塗っています。
アクリル絵の具は乾くと水にも強いので、雨や水に濡れてもなかなか剥げません。
アレンジ次第でアンティーク風・フレンチ雑貨・ジャンク・カントリー・ナチュラル・ヴィンテージ風にも。

 

プラスチック鉢 ペイント:やり方

 
▼準備するもの
・植木鉢(プラスチック製・テラコッタ・木製鉢・素焼き鉢 素材はなんでもOK)
・100均アクリル絵の具
・スポンジ 筆
・紙やすり
・使い捨て手袋・床に敷く新聞・布・ビニール袋など。

 
アクリル絵の具
アクリル絵の具は、大きい左側がダイソー、右側小さめがセリアで購入。
平筆が使いやすいです。スポンジやパレット代わりのプリンカップは家にあるもので。

 
塗り方は、筆でもスポンジでもただひたすら塗るだけです。
キレイに仕上げるコツは、横か縦のどちらか一定方向に筆を動かすこと。

 
スポンジの場合は、トントンと叩くようにするといいです。
つるつるのプラスチック製の物は色が乗らないこともあるので、丁寧に何度か塗り重ねます。

 
あまり厚く塗らなければ乾くのも早いです。早いと10分~15分で乾きます。
乾いてしまっても上から何度でも塗り替えできます。
コツを掴めば、土が入ったままや植物が植えてある鉢でもペイントできます。

 
今回の色の配合:シルバーを使う場合
ブルー7.5 シルバー1.5 グリーン0.5 黒0.5 位の割合にして適当に微調整。
これにもう少しグリーンを足す場合もあります。

 
メモ:アンバー色(茶色)はとっても重要。複雑な色になって渋みが出る。黒だけじゃ物足りない。
   水を足して自分の塗りやすい粘度に調整します。
   あまり水っぽいと乾くのが遅かったり、色がのりづらいので注意。
   白の代わりにシルバーを入れると控えめな光沢が出てキレイです。
   白を使う場合は、控えめにした方がいいかも。
   白・黒・茶色などの濃い色は、多いと濁った色になるので少なめに入れてテストするといい。

 
鉢 ペイント
↑ロゼアスクエア鉢
こちらは半年程使用して、色が気に入らなかったので鉢が空いているうちに2度目のペイント。
筆で塗りました。シルバーあり・紙やすりなし。

 
▼うちのプランターはだいたいこれ。
 アップルウェアー社 ロゼアスクエア グリーン
 プラなので軽く角鉢なので強風にも倒れづらく安定性抜群。深いのでバラ向き。しかもおしゃれー。

 

【ロゼアスクエアポット】サイズと容量
 260型 262x262x290 約9L
 330型 330x330x360 約20L
 390型 387x387x420 約35L

 
▼テラコッタ鉢 ペイント
植木鉢 リメイク 作り方
こちらは以前に作ったもの。シルバーなし。
スポンジで2度~3度塗りした後、乾いてから紙やすりで仕上。
最後に乾いた布で磨いたらデニムのような風合いに。

 
植木鉢 リメイク 作り方
↑その後1年位、外で使用していましたが剥げた部分がでてきたので再ペイント。
 こちらは塗り直して数ヶ月経ちます。土で汚れたザラザラもそのまま塗装。
 シルバーも紙やすりも無し。多少汚れたままペイントしてもそれがよい味になります。

 
▼プラ鉢リメイク作り方 シルバーブルー
プラ鉢リメイク作り方
アクリル絵の具の調合メモ
シルバー1:ブルー1:ブラック1
これを全体量として、最後に0.5%~1%分くらい、ホワイトを混ぜました。
水分はごく少量で、厚めに2回くらい塗装しました。
グレー~黒色が強いと和風になりがちなので、シルバーと青色を多めにしました。

 
※追記:この鉢のペイントは屋外使用で約3年持ちましたー。
自然に剥げてきてまだらになったので塗り直し。
その時にシールを剥がすように一部はペリペリに取れました。
全部は綺麗に取れませんでしたが、気にせず上からペイントし直しました。