バラ 消毒 冬 オーガニック 木酢液 やり方

バラ 消毒 冬 木酢液 アグリチンキ|薔薇 減農薬 有機栽培 オーガニック|時期 12月 1月|roselog

 
▼薔薇の消毒 休眠期 12月1月
バラ 消毒 冬.JPG

 
バラ 消毒 冬1.JPG
忘れないようにバラの冬限定の消毒メモメモ。
毎年、消毒って何倍だったっけーいつ何回やるんだったっけーと園芸記録を探しまくるのよね。
なるべく減農薬オーガニックを心がけていて、

ここ数年冬の消毒は木酢液orアグリチンキ36を使用しています。

 

12月~翌1月頃までに葉っぱや蕾を全部取ってから冬の消毒。
100倍程度に希釈して枝に刷毛塗りしています。
木酢液単体希釈1回 アグリチンキ単体希釈1回 計2回くらい

※どちらも単体で他の薬剤は混ぜないこと。

 
特に株元~根元あたりを丁寧にやります。希釈液が余ったら株元に潅水。
散布でもいいんだそうですが、寒い冬に散布だと空中に舞ってすごく寒いし冷えるので
刷毛塗りにしています。
刷毛でザッザッと枝に塗ると細めのトゲも多少処理できます。

 
この消毒を始めてから、うどんこ病の発症具合が違う気がします。
うちではミニバラのグリーンアイスが休眠せずに
春前にシュートが出始めて、そのまま春を迎えたらウドンコまみれになったことがありました。
病原菌や害虫は株元の樹皮などに潜んで越冬するんだとか。こわいわー(´•̥ ω •̥` ‘) プルプル

 
この消毒で、うどん粉で真っ白となることはなくなりました。
多少は効いてるのかなー?
そうそう、ミニバラは枝も細いし込み合っているので
刷毛塗りではなく、希釈液をジョーロでばしゃばしゃにかけてました。
効果は同じっぽいです。
道具の計量カップと刷毛は100均で調達。100均助かるー。

 
▼バラ 冬の消毒メモ 毎年12月~翌1月中 全1~2回 葉を除去した後
【木酢液】
★休眠期 葉面散布:100倍で枝に散布。(50倍説もあるが、様子見ながら。)
★休眠期 潅水:30倍~100倍? 休眠期の剪定後、上から潅水。枝にもかける。土壌改良・消毒
 ネットで検索してみると30倍でもOKと書いてあったり、100倍以上と書いてあったり。
 30倍はちょっと怖いので100倍前後でやっています。

 

※追記※ 木酢液の希釈は50倍で散布+潅水でも大丈夫だった。休眠期限定。自分用メモ

 
木酢液

 
【アグリチンキ36】公式より
★越冬菌対策
 100倍希釈液を12、1月の2回幹に噴霧します。(石灰硫黄合剤)の代り。
 芽の出る凹み、に隠れている越冬菌、害虫等を防除します。
 アグリチンキは他の薬剤と混ぜない方がよいみたいです。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アグリチンキ36 200ml ※土セットと同梱可※ ZIK-10000
価格:2420円(税込、送料別) (2021/11/17時点)

 

▼ハダニ・ウドンコ病対策のハッパ乳剤・アグリチンキの記事

 

▼農薬 希釈 計算サイト とっても便利。
数量を入力すれば希釈計算してくれます。薬量か水量のどちらでも計算OK!

農薬希釈 自動計算 |農家の味方
農薬の希釈倍率を計算できます。